「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:私について( 4 )

忘れていた感覚

つい最近、『あ~私ってこういう事がすごくしたかったんだ』と気が付いた事があります。すぐに、いつでも出来そうで、なかなか出来なかった事。
そして、なかなか出来なかったので、そうしたいと思うのを忘れてしまっていたんです。

でも、ちょっとしたきっかけで、簡単に体験する事が出来ました。

やっぱり自分で自分を縛ってたんだなァと気づきました。

でも、他の人にとっては、な~んだそんなこと~?と思うような、と~~~ても小さな事で、笑われてしまいそうなので、それが何かは内緒です。

でも嬉しかったので・・・
[PR]

by asami3step | 2007-11-27 23:53 | 私について

秋の夜長に・・・



私にとって秋って、やっぱり過去の自分を振り返ってみる季節かな。

いつもあまり過去は振り返りません。(キッパリ)
だって怖くって振り返れないもの(爆)
(いったいどんな怖い過去なの???ですよね)

今まで、かなり長い間、自分の前を突っ走ってる人の背中を
必死で追いかけていた気がします。
でも、2、3年前位から、ちょっとだけ変わりました。

そう、私って自分がなりたい自分に向かっていないかも?と気づいたから。
ただ、追いかけてるだけじゃダメよね~

ホント いつも気づくの超遅すぎる私

自分が自分にならないで
だれが自分になる


みつをさん やっぱいい事言うわね~~
[PR]

by asami3step | 2007-10-20 01:25 | 私について

お彼岸

発表会を終えて、、お墓参りに行って来ました。
23日が発表会tだったという事もあって、24日に,
こちらと実家のお墓両方に行ってきました。

なかなか定期的には行けませんが、私の両親はすでに二人共
他界しているので、実家のお墓へは時々行っています。
やっぱり心が落ち着く気がします。

少し前の事ですが、母は亡くなる前はもちろん、亡くなってからでも、
私を守ってくれていたんだと、知りました。

義母と話をしていた時の事、どういった話の流れだったかは
忘れましたが、「あなたの家に結婚のお話をしに行った時
おかあさんから、約束させられた事があって、その事は○○年経った
今でも私はずっと守っているよ」と言われたのです。
その約束が出来なければ、嫁がせる事は出来ない という事
だったらしいのです。

私は、その時まで、そういった約束があったという事を全く知らなかったのです。
だれも、その事について私に話さなかったのです。
その内容については、当時の状況から考えて、今は、何となく想像出来る
気はしますが、義母にどんな約束かは聞けませんでした。

でも言える事は、母の、私に対する愛情のおかげで、今の家族から
かわいがられ、大切にされているという事です。

「おかあさん、今はもう顔を見る事は出来ないけれど、感じようと
思えばいつでもあなたの大きな愛情を感じる事が出来るよ。」

そんな幸せな事ってないですよね!b0118519_20291483.jpg

と言う訳で、 お彼岸は、亡くなった人の遺志は、生きている私達にずっと影響を与えているという事を改めて感じさせてくれました。
[PR]

by asami3step | 2007-09-29 19:10 | 私について

Sweet Memories

特に松田聖子ファンだった訳じゃないけど。

b0118519_21515934.jpg
なつかしい痛みだわ
ずっと前に忘れていた

でも あなたを見た時
時間だけ後戻りしたの

中略

過ぎ去ったやさしさも
今は、あまい記憶
sweet memories


こんなセンチメンタルな曲もありましたね!
[PR]

by asami3step | 2007-08-30 21:50 | 私について